貴方のための私

私「そんな妄信的な恋愛は良くないんじゃないかな」と、友達は少し心配して私に言いました。

確かに・・・と思ったものの、それを肯定してしまえば私の手のひらの中にある恋愛関係がフッと消えてなくなってしまいそうで何もいえなくなってしまうのです。

その当時の私は、全てにおいて彼中心の生活にシフトしていました。
それを彼が望んだわけでもありませんし、当然、何かを言われたわけでもありません。

ただ私が
「彼のための私」で居たかったのです。

普段、仕事をしている間だとか、友達と一緒に居るときの私だとは全く違う恋愛をしている時の私の姿。
その部分に溺れてみても良いのではないかと考えていたのです。

だからこそ、友達は心配してくれたのです。
溺れすぎれば依存心に繋がってしまうので。

実際、彼を束縛することはありませんでしたが「その気持ち」は日に日に強くなって居ましたし。

貴方のための私。
という態度が彼にはっきりと・しっかりと伝わるようになってからは彼の態度も少しずつ変化していきましたし、主導権全てが彼の中にあるようになっていきました。

それも当然のことなのかもしれませんね。

ただの服従関係にあると思うようになった時私は目が覚めた瞬間だったのかもしれません。
彼とキチンと話し合いをして今の関係にひと段落つけようと思いました。