小さな嘘

「だいたい、男の人は言ったことをそのまま信じるんだ」
と彼女は言いました。

だから、この人と付き合いたい!という人が現れたら
その人に合わせる言葉を羅列していけば、何の問題もなく付き合うことが出来る。
・・・とも言うのです。

確かに相手に合わせれば共鳴しているという感覚を得られることが出来るでしょうし
それがきっかけとなって近づく事も出来るでしょう。
もしかしたら、好きになってもらえるかもしれません。
しかし、恋愛関係に至るまでそれを積み重ねていけば、「嘘」になるように思えてならなかったのです。

「嘘をつくと苦しくならない?」
そう聞く私に彼女は言います。
「本当に小さな嘘だから」と。

嘘に小さいも大きいも無いのかもしれませんが、確かに可愛い嘘や許せる嘘は存在します。
しかし、恋愛関係において
そうした嘘をついてまで付き合いたいか?彼の側にいたいか?と考えると
私個人としてはそれを良しとすることが出来ませんでした。

やはり正直でありたいですし、嘘が後になって明らかになった時のことを考えると・・・。

彼女は小さな嘘を重ねて思いを寄せている人とお付き合いをし始めました。
が、長くは続きませんでした。
理由は聞きませんでしたが、彼女の心がついていききれなかったように見受けられました。

台湾人の彼女と知り合い、異国文化の勉強も出来ました。
会社勤務をしている男性です。
付き合っていた彼女と別れた事もあり寂しい時期を過ごしていたのですが、時間ができた事もありましたのでサークルに参加をしては仲間と過ごしていました。
特に出会いを求めていた訳ではなく、皆さんで過ごして楽しい時間を過ごせれば良いと思っていただけであり、彼女を探そうと言う気はありませんでした。
ですが恋愛は突然にやってくる物であり、思ってもいない出会いに発展に発展をしてしまったのです。
ある日の事、友人が参加をしていたサークルに誘われたのですが、世界中の国々から人々が集まり国際交流を深める集まりだったのです。
参加者は日本人、韓国人、台湾、アメリカ、イギリス、ロシア等、様々な国の方が文化交流をしながら話をすると言う事だったのですが、参加をして見ないかと誘われたのが彼女との出会いでした。
色々な国の方とお話をしたのですが、たまたま横に座ったのが彼女であり、台湾から留学をしている人でした。
会話を重ねている内に仲良くなって行く事ができ、グループで遊びに行く回数が増えて行ったのですが、次第に二人で会うことが多くなり気が付くと彼女になっていました。
彼女を見つけようと参加をした訳ではなかったので、ある意味運命的な出会いです。
台湾という国は戦前に植民地だったので、未だに町の中には日本語の看板が多く世界一の親日国なのです。
彼女も日本が大好きで来日をしたのですが、分からない事も多いので毎日のように日本の文化の事に付いて話をしたり、日本の魅力を伝える為に観光名所を案内していました。
また、反対に台湾の事を教えて貰う事も多かったのですが、一番の驚きは漢字の使われ方が台湾と日本では少々違っている事があり、お互いの国の漢字を教えあいながら異国の事も学ぶことが出来ました。
自分の人生の中で異国の台湾人の彼女が出来ると思っていませんでしたし、出会いに国境は関係無いと思いました。

[PR]
出会いや恋愛に関するお悩みは当たる電話占いと評判のこのサイトが便利です。恋愛相談に特化した鑑定士もいらっしゃるので、あなたの悩みを解決に導きます。

素敵な夜

まるで男の初夢みたいなシチュエーションで

学生時代ホテルの屋上にあるビアガーデンでアルバイトをしました。
正直ビアガーデンという開放的な職場での、アルバイトだったのでひと夏の出会いも期待をしていました。
実際働き始めるとホテル内で働く年上の女性社員との出会いもありました。
そんな中職場にバドガールのようなボディコンに身を包んだ、可愛いキャンペーンガールが加わるようになりました。
女子アルバイト達は当初良い顔をしませんでしたが、キャンペーンガールの衣装の方が可愛いという同僚の発言から、一人また一人とキャンペーンガールの衣装を着だし、最終的に女子アルバイトもキャンペーンガールも全員ボディコン衣装に身を包むという面白展開になりました。
しかさいキャンペーンガールの派遣会社からクレームが入り、泣く泣く女子アルバイトを通常制服に戻しました。
そんなこともありキャンペーンガール達とも仲良くなり、気づけば仕事終わりに毎回飲みに行くような関係になっていました。

その中で一人の女の子と出会い仲良くなりました。
その娘は、明るく可愛い娘だったのですが、お酒が弱いのにお酒好きというやっかいな娘で、私が毎回介抱して送っていることもあり、自然と私がその娘担当みたいになっていました。
セフレが自分におそらく好意があるのだろうなとは漠然と感じていましたが、毎回のように飲んでは吐きトイレにこもる彼女に対し、恋愛意識や女性として見ることはありませんでした。
その時の飲み会も自分が送るという形になり、一人暮らしをしている彼女の家に送りました。
ただその日は、自分自身もかなり酔っており、いつもとは違い彼女の部屋に上がることになりました。

その日がいつもと違ったのは、自分が普段より酔っているだけでなく、セフレが浴衣だったことでした。
目の前に酔って浴衣が乱れ、露わな姿で甘えてくる女の子。
まるでHなドラマや映画、マンガのようなシチュエーションに我を忘れ、酔っていることもあり気づけば彼女を押し倒してむしゃぶりついていました。
トイレで吐いているはずなのに良い匂いがしたのを覚えています。
朝になり我に返った時にはやってしまった感が強かったですが、初めて女の子部屋で行為をしたという達成感もありました。
しかし、その後彼女とは二度と深い関係になることはありませんでした。
バイトの期間が過ぎると会うこともなくなり、次第に音信不通になりました。
セフレにとって悪い思い出でなければ良いのですが。