ドライヤーをしながら歌うだけで小顔効果を

体重全体では変化がないのにも関わらず、顔だけがふっくらしてきているような気がする、と感じたことはないでしょうか。
普段の食事で摂取している塩分やお酒などの水分は、体重には現れてくることがなくても、むくみとして体に現れてきてしまうことがあるものです。
そして、そのむくみが顔に現れてきてしまっていることの結果なのかもしれません。

顔がむくんできたという場合には、表情筋を鍛えるエクササイズを行っていきましょう。
表情筋というのは普段使っているようであまり使っていない部分ですから、それを鍛えようとしてもなかなか難しいかもしれません。なぜかというと、日本語というのはそもそもあまり口を開かなくても発音をすることができる言語といわれています。
なので、一日中日本語をしゃべっていたとしても、ほとんど表情筋は動かない状態なのです。
といっても、あまりに口を大きくあけながらしゃべるのも不自然ですし、そこで表情筋を鍛えるエクササイズが必要になってきます。

毎日手軽にできる表情筋を鍛えるエクササイズとしては、ソングサイズというものがあります。
これはその名前の通りに歌っているだけで行えるエクササイズのことで、ドライヤーをしているときなど日常的なタイミングの中に取り入れることができます。
ドライヤーをしているときに大きな口を開けて歌うように動かしてみましょう。
実際に声を出さなくても、口を動かしているだけでも十分に効果があります。
ゆっくりと一語一語確かめるように口を動かすことで、大きな効果を期待できるようになります。
普段使っていない自分の表情筋を意識しながら、このソングサイズを取り入れてみましょう。